休眠中の労組では話にならない。闘争してナンボのもの

ちっこい組合だけれど、闘争には自信あり

日本全体にどれくらい労働組合が存在するのか知らないが、ナショナルセンターをもっている連合や全労連、全労協を別にすると、その他大中小のなかにはうちのようなちっこい労組だってあるにちがいない。問題は活動しているかどうか。どういう活動をしているかである。

ところが、どんな労組なのかHPを訪問しても、リンク切れだったり、1年以上更新されてなかったり。労組は自分の存在を世の中に知らしめ、さらに活動して、ナンボのものだ、休眠中じゃ話にならない。

労組は、その存在を世に知らしめるべし

認知させる方法としてはいくつかあるだろう。解雇闘争などを通してマスコミに広報してもらう。ビラを配って、地域に知らせる。が、これらは日常的に行えるものではないし、一時的な効果しか期待できない。日常的かつ恒常的な広報の仕方としては、今の時代はネットというやり方があるはずで、それを有効利用すべきだと思う。

そんなしだいで、当組合もネットに参入した。ブログとTwitterの二本立てである。昨年12月から始めたばかりなので、まだ記事出しも少ない。これからだが、今年は記事を書きまくってやりたい。seo歴は長いので、そこはまったく苦にならない。

HMIホテルグループ批判を通してブラック企業批判を

石川県合同ユニオンはHMIホテルグループの従業員・元従業員が解雇の是非などをめぐって結成された。組合員もほとんどがその関係者である。まだ闘争中であり、したがって、記事の多くも HMIホテルグループ 批判である。そうならざるを得ない。

私たちはこの個別の紛争をとおして、ブラック企業とはどういうものなのか、どういうあくどいことをやってくるのかを世の中に知らしめたいとかんがえる。HMIホテルグループのやり方にはブラック企業一般に通じるものがあるからである。この HMIホテルグループ は法令違反の「総合商社」だから、記事にする材料に事欠かない。

バレないと思うことなら、なんだってやる。だが、悪事はいずれ露見する。天網恢恢疎にして漏らさず。HMIホテルグループが立派な会社になるために、いや、そんな高望みをしてもしゃあない、せめて、もう少しまともな企業になれるよう、あえて進言するのである。

そのようなしだいで、ここの記事を読んでいただければ、ブラック企業対策としても有効な記事になるとおもう。そのような記事を書いていきたい。

「疑惑の総合商社」

「総合商社」とは辻元清美がかつてはやらせたことば。正確にいえば「疑惑の総合商社」。私は疑惑レベルのことをここで書くつもりはない。

労働基準監督署に告発する

1月4日、新年早々だが、組合員のほぼ全員が労基署に告発する予定になっている。これまで1年以上もHMI社とうちうちに交渉したが、労基法違反など法令違反のいくつもの指摘にもかかわらず、本社は一切無視する。それどころか、未払い賃金だと本社が認めたものでさえ、ああだこうだヘリクツをこねて、支払いをしようとしない。すなわち開き直るのである。

うちうちの交渉ももはやこれまで、という結論に達した。つまり、自浄能力がまったくないのだ。外部に恥をさらすのもどうかとおもってこれまでは自重していたが、これからはあらゆる外圧を加えるしかないと判断した結果である。労働基準監督署への告発はその第一弾である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA